前へ
次へ

蜂のアレルギーの危険性

アレルギーは人体に様々な影響を与えますが、蜂毒アレルギーの症状は非常に危険です。
蜂毒は蜂に実際に刺されてから反応するまで時間が早い特徴があり、刺されてからすぐ反応がでる人も居ます。
症状の大きさは蜂の種類によっても変わってきますが、蚊に刺された時の反応よりも大きく出る傾向にあります。
一度目に刺された時から反応は大きく出るのですが、蜂毒で怖いのが二回目以降に刺された時です。
蜂毒にもアレルギーの有無があり、無い人であれば、数日程度で腫れが静まる傾向ですが、蜂毒にアレルギーがある人ですと二回目以降は反応が大きくなるアナフィラキシーショックによって命の危険にさらされるケースもあります。
蜂毒に強い反応を示す人の傾向としては一回目に刺された段階から、全身に蕁麻疹が発生したり、嘔吐等の反応が出る事があるので、症状が強く出た場合は早急に病院に行く必要があります。
蜂毒は二回目が危険な様なイメージがありますが、蜂毒に対する反応が強い人は一回目からでも危険なので蜂に刺されない様に注意した方がいいです。

Page Top