前へ
次へ

そもそも、なぜ人は、アレルギーにかかる

私達の体には、ばい菌などを排除するために、免疫と呼ばれる排除するシステムを持ち合わせています。
ただし、口から入ってくる内容には、体にとって必要な物質もあるでしょう。
体に必要な食物を必要だと認識せず、免疫が誤って食物を排除するために、アレルギー症状が起きてしまう場合もあります。
免疫のシステムが何かしらの理由で誤作動を起こしたり、システムが未発達だったりすると、アレルギーの症状が起きやすくなるのです。
そのため、大人よりも未発達の子供にアレルギー症状が起きやすく、発達して行く中で症状が治まってくる場合もあります。
現在までに症状が一度も起きた事が無い人でも、ただ口にしていないだけであり、もしかすれば、症状を持ち合わせているかもしれません。
食物以外にも、花粉など体に取り込んでしまう物質は他にもあり、特定の物質によってアレルギー反応を引き起こす人もいます。
皮膚からは、体内に物質が入ってくる場合もあり、手に触るだけで症状を引き起こす人も存在するのです。

Page Top