前へ
次へ

食物アレルギーの効果的な食事対策

医療機関を受診して食物アレルギーだと診断されたなら、アレルギー症状を引き起こす原因となる食物は必要最小限除去する必要があります。
ここで言う必要最小限の除去とは、医師の診断に基づき、実際に摂取しても症状が出ない食物は除去せず、症状の出る食物だけを除去するという考え方のことです。
特に乳幼児の場合は、成長するにつれて症状が出なくなってくる場合があるため、定期的に医療機関を受診して食べてもよい食物の範囲を広げていくことができます。
また医師から食物アレルギーであると診断された場合にできる別のことは、原因食物を単に除去するだけにとどまらず、栄養の面で代替できる食物が何か、その食物を調理する際にどんな工夫ができるかを調べてみることです。
ただ原因食物を避けているだけでは栄養が偏ってしまう可能性があるため、積極的に代替できる食物を探すのはよいことでしょう。
加えて、お菓子やパン、その他加工食品の原材料を記した表示の正しい見方を学び、アレルギーの原因物質を摂取しないよう注意することができます。

Page Top