前へ
次へ

アナフィラキシーは命にも関わるアレルギー反応

有名なアレルギー反応として、アナフィラキシーショックが挙げられます。
蜂に二度刺されると命を落とすという話は大勢の人がどこかで耳にしたことがあるはずです。
一度強いアレルギーの元が入り込むと身体は抗体を作り出し、次に同じ物質が入り込んできた場合には大きな反応を示します。
その度合いは大小様々で、呼吸が困難になったり血圧が一気に下がるなどで命に関わるものお少なくありません。
また特に蜂の毒に限った話ではなく、その他の動物の体液や食材、治療に使われる薬など身体との相性次第で色々なものが原因になります。
アナフィラキシーショックに陥る状況は100%防ぎきることができるわけではないので、もし反応を起こしてしまったら即座に治療をする必要があります。
基本は医療機関で対処されますが、そこに辿り着くまでの一時凌ぎとしてアドレナリンの注射が有効的です。
すでにキットとして広まっていて、アレルギー反応が危険に繋がる人は自分で注射するために所持していることが多いです。

Page Top