前へ
次へ

スギ花粉のアレルギーに耐えられません

寒さが一番厳しい2月になると、すでにスギ花粉のアレルギー対策が恥じます。
この対策をしっかりと2月からはじめて置かなければ、3月から4月にかけては最悪な状態でこの既設を迎えることになってしまうのです。
花粉アレルギーについては血液検査を行いましたが、スギ花粉の反応が強く出ていました。
そのため、早めに薬を飲み始めなければ仕事に集中できないほど花粉アレルギーが悪化してしまうので大変です。
もちろん、マスクは欠かせませんが、薬を飲むことが何よりも重要です。
薬を飲んでいればある程度症状をコントロールすることができます。
薬も切らさないように毎月病院にかかって処方をしてもらっています。
花粉症アレルギーのせいで集中力が散漫になりがちなので、繁忙期と重なることも合って薬を飲まなければやっていく事ができないのです。
5月も下旬頃になるとようやく症状が和らいでくるので、薬を飲むのを中止することができるようになるのです。

Page Top